テグレトールは良い治療薬だが運動機能に注意

テグレトールは抗てんかん薬として販売されている薬です。テグレトールというのは商品名で薬品名はカルバマゼピンといいます。てんかんや三叉神経痛、双極性障害(躁うつ病)のそう状態治療薬とて使用されています。日本でも認可されており、多くの人に使われています。基本的には脳の興奮状態を抑えるのに使われており、その効果も確認されています。
しかし服用を始めてからすぐに効果が出るわけでななく、はじめのうちは目に見えた効果は出てきません。そのためはじめのうちは、医師の指導のもと服用をはじめ、血中濃度に注意しながら使用しなくてはなりません。また途中で使用量を急激に減らしたり、中断してしまうと、反動で重篤な発作を引き起こすこともあるので確実に医師の指導下で服用してください。
副作用としては眠気や運動能力の低下、倦怠感、めまいや立ち眩みなどがあげられます。人によっては発疹が出ることもあり、放置しておくと症状が悪化する人もいます。併用が禁止されている薬もあり、抗真菌薬のボリコナゾールや肺高血圧症治療薬のタダラフィルとの併用は不可能です。また、グレープフルーツなどと同時に摂取すると血中濃度が上昇することが確認されており、副作用の出現が大きくなります。また、人によっては聴覚変化が起こる人がおり、「すべての音が半音下がって聞こえる」という症状が出ることがあります。音に関する職業や、絶対音感を持っている人は服用の際は注が必要となるでしょう。
テグレトールは効果のある薬ですが、副作用も多くそれなりのリスクを必要とします。医師に相談し、セカンドオピニオンなどを行って、自分の体質に合っているのかを確認するようにしてください。