テグレトールは躁うつなどの症状にも効く

テグレトールは主にてんかんや三叉神経痛の薬として使われています。しかし、最近では躁うつ病の治療としても使われています。炭酸リチウムなどの躁うつ病薬の効果がなかった人や、副作用の出た人に適応となります。躁うつ病では、躁病とうつ病の症状を繰り返します。この症状が一回で終わる人はまれで、多くの人は何度も症状を繰り返します。躁病の症状を繰り返す人も躁うつ病になります。しかし、何度もうつ病の症状だけを繰り返す人は大うつ病または単極性情動障害といわれ、躁うつ病とは区別されます。
テグレトールでは躁うつ病を根治することはできません。しかし、症状のコントロールには大変有効な薬です。テグレトールの躁うつ病の効果は大きく分けて二つあります。一つ目に、急性期の症状を正常化することがあげられます。躁状態を普通の状態に戻すことができます。二つ目に、躁病とうつ病の再発を防止します。服薬により症状をコントロールしているので、服薬をやめてしまうと躁病またはうつ病が再発する可能性があります。
躁うつ病の患者で、一年のうちに何度も躁病とうつ病の症状を繰り返す人がいます。一年に4回以上症状を繰り返す人をラピッドサイクラーとよび、この患者には炭酸リチウムだけの治療は困難です。テグレトールはこのような患者にもとても有効です。
テグレトールには即効性はなく、多くの人に効果はゆっくりでます。飲み始めてから1週間から数週間後に改善の兆しが見られ、その後、徐々に症状がよくなっていきます。効果が十分に表れるまで、短期間、別の薬が処方されることも多いようです。服薬を始めて効果が出ないからといってあきらめず、しっかりと薬を飲み続けることが大切です。

テグレトールのジェネリックはでているのか

抗てんかん薬や三叉神経痛、さらには躁うつ病の治療など、脳や神経に関するさまざまな病気の治療に用いられているテグレトール。特に部分てんかんの発作予防薬として広く認識されており、医療機関を受診すればまず第一に処方されるほどの代表的な薬です。また脳神経の興奮を抑え、気分を安定させる効能もあることから、躁うつ病で悩む人の間でもしばしば利用されています。
ただ効き目が高い薬であるのは確かですが、てんかんの予防や躁うつ症状の改善のためには、この薬を長期にわたって服用し続ける必要があります。長期間使用し続けるということは、それだけ薬の購入費用も高くなるということであり、一定の金銭的な負担は避けることができません。てんかんや躁うつ症状を抱える人の中には、金銭的に苦しい生活を送らざるを得ない人もいますので、できることなら薬に欠ける費用は抑えたいものです。
そこでテグレトールの費用を抑えたい場合は、ジェネリックを使用するのが有効です。ジェネリックとは後発医薬品のことで、特許の切れた先発医薬品の後で販売される薬です。後発医薬品といえども、薬に含まれる成分や効果は同じです。研究、開発費用がかかっていないので、そのぶん販売単価が抑えられているのです。利用する側にとっては安い費用で同じ効果を得ることができるので、非常にメリットが大きいと言えます。
テグレトールは薬としての歴史が長いこともあり、すでにいくつかのジェネリック医薬品が国内外の製薬会社より販売されています。ですからテグレトールのジェネリック医薬品を利用したい場合は、医師にその旨を告げて処方してもらうようにしましょう。最近はネット通販でも簡単に購入できますが、まずは医師に相談してから利用したほうが無難です。