手足や顔のぴくつきにテグレトールは母乳に移行?

テグレトールとは、主にてんかんの疾患を中心に使われる医薬品です。しかし、テグレトールは脳の神経の働きを鎮める作用があることからてんかん症状以外にも双極性障害や神経障害、三叉神経痛の治療にも用いられます。
顔面にピクピクとぴくつきがある場合、実はテグレトールが使われることがあります。顔面のぴくつきは顔面けいれんの一種であり、三叉神経と同じく脳から表情筋への神経伝達がスムーズにいっていないことが原因なので、脳神経の働きをコントロールするテグレトールが使われるのです。
そんなテグレトールですが、母乳には移行するの?授乳している間は服用をやめたほうがいいの?という疑問を持つ女性は少なくありません。
添付文書上では、「授乳中の婦人への投与は治療上の有益性が上回ると判断される場合にのみ投与すること(母乳中へ移行することが報告されている)」という記載があります。実はこの文書のとおり、テグレトールは母乳中へ移行することが知られています。ただし、その母乳中への移行率はそこまで大きいものではなく、テグレトール服用中の母親からの母乳を飲んだ赤ちゃんにはそれほど影響はないのではないかと言われています。そのため、母乳をそのまま継続すると判断する医師も多いでしょう。ただしテグレトールの副作用である、傾眠や嘔吐、黄疸、食欲不振などが見られた場合にはすぐに中止しましょう。いずれにせよ、これはあくまで一般的な目安であり、たとえば他の医薬品も服用していたり、なんらかの既往歴やリスクのある授乳婦、また赤ちゃんの発育具合によっては医師の判断で中止になる可能性もありますので、必ず自己判断せずに処方医師か産婦人科の医師によく相談することが大事です。

歯ぎしりとてんかんの場合はテグレトールやデパケン

てんかんというものは、脳神経における電気的な興奮によって発作が生じる病気です。てんかんとひと口に言った場合であっても、その症状は多種多様であると言われています。てんかんの発作は大脳の電気的興奮が生じる場所によって、引き起こされる症状が異なるもので、手足をガクガクと曲げ伸ばしをする間代発作や、短時間において意識が消失する欠神発作、感情の変化や特殊な症状がみられる複雑部分発作、全身や手足がびくっとするミオクロニー発作などがあります。
睡眠中にてんかんが生じることもあり、中には歯ぎしりをする症状が起きることも考えられます。てんかんの種類は脳の一部から興奮状態が始まって、そこから全体に広がるものを部分発作、最初から脳全体において興奮状態になっているものを全般発作と言います。
抗てんかん薬として知られているテグレトールは、部分発作の治療薬となっており、全般発作の際には強直間代発作以外は服用することができません。全般発作の代表的な症状として挙げられる、欠神発作やミオクロニー発作、脱力発作が生じているときには、デパケンなどの抗てんかん薬が処方されます。テグレトールの有効性が無いと考えられている全般発作に対して、服用してしまったときには、てんかん発作の症状が悪化したり、誘発される可能性があるために注意が必要になります。
薬物治療に関しては、主治医の指示を守って規則正しく治療薬を服用することが大切です。抗てんかん薬は発作が少なくなった場合であっても、自己の判断によって服薬を止めることなく、主治医に相談した上に考える必要があります。抗てんかん薬による適切な治療を行うことで、7割から8割の患者が発作のコントロールができるようになると言われています。

テグレトールで予防の光過敏性と性行為への考え方

てんかんはその症状が特徴的なものであるために多くの人が一目で理解することができると感じる人もいます。けいれんを起こして倒れてしまったり、座っているのに身体や口元がブルブルと震えていたりといった特徴的な症状を持つ人が多いからです。しかし、病態は意外に複雑であり、けいれんを伴わずに歩行を続けたり、同じ行動や発現を繰り返したりする人もいます。共通しているのはそういった行動をしている時に意識障害が起こっていることであり、本人は全くそのことを覚えていないのが一般的です。こういった発作を予防する目的で用いる薬として最も名高いものがテグレトールであり、部分発作とよばれる脳の一部が原因で起こるてんかんの発作には高い有効性を示します。そのため、脳波を測定することによって部分発作と判明した場合にはテグレトールを用いるのが一般的となっています。そういった形で予防をすることはできますが、てんかんになると光に対して敏感になってしまい、光感受性発作を起こす人もいます。ちょっとしたことが刺激となって予防をしていても発作が起こってしまうことがあるため、常に注意を払っていなければならないのがてんかんの患者が生活をする上で大変なことです。そういう苦労を重ねているからこそ、子供にてんかんを持ってほしくないと考えて性行為を避ける人もいます。しかし、ごく稀な例を除いては基本的にはてんかんは遺伝しないとされており、性行為を行って子供を作っても必ずしもてんかんになるとは限りません。100人に1人程度がてんかんになるとされているため、そのリスクが全く無いわけではないということは理解しておくことは必要ですが、遺伝の心配はないと考えて通常は問題ないのです。

テグレトールでのてんかん治療とNCSEの犯罪の習慣

テグレトールはてんかんの治療において頻繁に使用されている治療薬です。てんかんの発作は典型的にはけいれんが起こってしまって身体の自由が効かなくなり、しかもその間の記憶を失ってしまうというものです。そういった発作が数十秒から数分間続くということが多く、その原因や種類によって症状も異なり、同じ分類になっていても患者ごとに違う症状を示すこともよくあります。テグレトールはその多様なてんかんのうちで部分発作に対して特に有効性が高いとされているものであり、発作の予防を目的として第一選択薬として処方されるのが一般的になっています。てんかんの発作がおこると意識障害が起こってしまうことから、本人は何をしているのかもわからず行動をしてしまっていることもあります。けいれんが最も多い症状ですが、けいれんを伴わないものもあるからです。また、てんかん重積状態とよばれる5分以上も続くてんかんの発作も知られており、これらが重なってNCSEとなるとその長い間に渡って異常な行動をしてしまったにもかかわらず、本人は全くその記憶がないということもあります。NCSEが発症してしまうとその間にしてしまったことは不可抗力であるとされ、たとえ犯罪を起こしたとしても無罪となる場合があります。実際に、NCSEの発作が起こっている間に万引きを行ってしまって、それが無罪となるというケースも報告されています。しかし、それを旨味と考えて習慣として万引きをしてしまうというようなことが起こってしまうことは懸念されています。てんかん患者を守っていくためにもこういった際の対応については慎重にならなければなりません。さもなければ偏見が生まれていってしまうことになるからです。

テグレトールは良い治療薬だが運動機能に注意

テグレトールは抗てんかん薬として販売されている薬です。テグレトールというのは商品名で薬品名はカルバマゼピンといいます。てんかんや三叉神経痛、双極性障害(躁うつ病)のそう状態治療薬とて使用されています。日本でも認可されており、多くの人に使われています。基本的には脳の興奮状態を抑えるのに使われており、その効果も確認されています。
しかし服用を始めてからすぐに効果が出るわけでななく、はじめのうちは目に見えた効果は出てきません。そのためはじめのうちは、医師の指導のもと服用をはじめ、血中濃度に注意しながら使用しなくてはなりません。また途中で使用量を急激に減らしたり、中断してしまうと、反動で重篤な発作を引き起こすこともあるので確実に医師の指導下で服用してください。
副作用としては眠気や運動能力の低下、倦怠感、めまいや立ち眩みなどがあげられます。人によっては発疹が出ることもあり、放置しておくと症状が悪化する人もいます。併用が禁止されている薬もあり、抗真菌薬のボリコナゾールや肺高血圧症治療薬のタダラフィルとの併用は不可能です。また、グレープフルーツなどと同時に摂取すると血中濃度が上昇することが確認されており、副作用の出現が大きくなります。また、人によっては聴覚変化が起こる人がおり、「すべての音が半音下がって聞こえる」という症状が出ることがあります。音に関する職業や、絶対音感を持っている人は服用の際は注が必要となるでしょう。
テグレトールは効果のある薬ですが、副作用も多くそれなりのリスクを必要とします。医師に相談し、セカンドオピニオンなどを行って、自分の体質に合っているのかを確認するようにしてください。

脳波の波形診断で処方のテグレトールと40代の突然死

脳における異常が起こると脳波を測定することによって、脳波の波形をもとにした診断を行うということはよくあります。てんかんにおいてもそういった診断を行うことが重要であるとされており、発作が起こった時には特徴的な脳波が確認されることが知られています。神経における情報は電気信号によって伝えられるものであり、それを測定するのが脳波測定です。その波形は全体として脳でどういった信号が発せられているかということの指標になるものであり、棘波や鋭波とよばれる特徴的な波形が発作波として観測されるのがてんかんの発作の特徴です。その波形やパターンによっててんかんが起こっている脳の部位が特定できるため、部分発作であるか全般発作であるということを判断できます。部分発作の場合に第一選択薬として用いられているのがテグレトールであり、部分発作の患者のほとんどに対して良い予防効果を示すことが実績的にも知られています。そのため、脳波測定を行うことは治療に用いる薬の選択に直結するものであり、てんかんの診断における重要な役割を果たしています。テグレトールは全般発作に対しては悪化のリスクがあるために用いませんが、他の治療薬を使用することで予防を行っていくことができます。発作の予防は突然死の予防にもつながる重要な事であるということは留意しなければならないことです。突然死は睡眠中に起こりやすいことが知られており、40代になる前の患者ではうつ伏せになって寝ていたがために突然死してしまったということが多いという統計があります。40代以降においても突然死をした半数以上がうつ伏せで寝ていたという事実があることから、てんかんになった場合には寝る姿勢についても注意が必要です。

部分発作に効くテグレトールと熱中症の問題

テグレトールは一般名をカルバマゼピンと呼び、古くから使用されてきた抗てんかん薬として安全性や実績のある飲み薬です。現在でも多くの症状に有効で、感覚異常や運動症状といった部分発作に効果を示し、全般発作でも強直間代発作に適応、さらに興奮を静める作用から躁病や躁鬱病の予防にも利用され、三叉神経痛にも効果が認められています。この中でも部分発作で第一選択にされていることから、抗てんかん薬では多くの患者が使用する治療薬となっています。問題は抗てんかん薬の多くは精神や神経に作用することから、発汗を抑制する作用があるため、急激な体温上昇に陥ることがあります。真夏の猛暑では体温が上昇してしまうと熱中症に陥ることがあり、てんかんを疾患している人でテグレトールを服用していることを理解していれば問題ありませんが、熱中症の痙攣とてんかん発作の区別が付きにくく、対処がしづらいという問題があります。素人判断では十分な対処ができないので、この場合は救急車を呼ぶのが最も適切な判断となります。熱中症は汗のかきすぎで脱水症状を起こし体温が調節できずに起こるものがほとんどですが、屋内でも汗をかかなくなって体温が上昇しすぎることで熱中症にかかることもあるため、抗てんかん薬を服用している人は真夏の体温管理が必要になってきます。水を飲んでも汗はかかない、体温が上昇するという問題なので、抗てんかん薬は脱水症状とは異なる原因となります。基本的には体温を上昇させないために体を動かしすぎず、外気温を下げて体温を一定の値にまで下げることが重要となります。海水浴やキャンプなどのアウトドアに出かけるとリスクが高まるので、何かしらの対策は講じておかなくてはいけないでしょう。

テグレトールは躁うつなどの症状にも効く

テグレトールは主にてんかんや三叉神経痛の薬として使われています。しかし、最近では躁うつ病の治療としても使われています。炭酸リチウムなどの躁うつ病薬の効果がなかった人や、副作用の出た人に適応となります。躁うつ病では、躁病とうつ病の症状を繰り返します。この症状が一回で終わる人はまれで、多くの人は何度も症状を繰り返します。躁病の症状を繰り返す人も躁うつ病になります。しかし、何度もうつ病の症状だけを繰り返す人は大うつ病または単極性情動障害といわれ、躁うつ病とは区別されます。
テグレトールでは躁うつ病を根治することはできません。しかし、症状のコントロールには大変有効な薬です。テグレトールの躁うつ病の効果は大きく分けて二つあります。一つ目に、急性期の症状を正常化することがあげられます。躁状態を普通の状態に戻すことができます。二つ目に、躁病とうつ病の再発を防止します。服薬により症状をコントロールしているので、服薬をやめてしまうと躁病またはうつ病が再発する可能性があります。
躁うつ病の患者で、一年のうちに何度も躁病とうつ病の症状を繰り返す人がいます。一年に4回以上症状を繰り返す人をラピッドサイクラーとよび、この患者には炭酸リチウムだけの治療は困難です。テグレトールはこのような患者にもとても有効です。
テグレトールには即効性はなく、多くの人に効果はゆっくりでます。飲み始めてから1週間から数週間後に改善の兆しが見られ、その後、徐々に症状がよくなっていきます。効果が十分に表れるまで、短期間、別の薬が処方されることも多いようです。服薬を始めて効果が出ないからといってあきらめず、しっかりと薬を飲み続けることが大切です。

テグレトールのジェネリックはでているのか

抗てんかん薬や三叉神経痛、さらには躁うつ病の治療など、脳や神経に関するさまざまな病気の治療に用いられているテグレトール。特に部分てんかんの発作予防薬として広く認識されており、医療機関を受診すればまず第一に処方されるほどの代表的な薬です。また脳神経の興奮を抑え、気分を安定させる効能もあることから、躁うつ病で悩む人の間でもしばしば利用されています。
ただ効き目が高い薬であるのは確かですが、てんかんの予防や躁うつ症状の改善のためには、この薬を長期にわたって服用し続ける必要があります。長期間使用し続けるということは、それだけ薬の購入費用も高くなるということであり、一定の金銭的な負担は避けることができません。てんかんや躁うつ症状を抱える人の中には、金銭的に苦しい生活を送らざるを得ない人もいますので、できることなら薬に欠ける費用は抑えたいものです。
そこでテグレトールの費用を抑えたい場合は、ジェネリックを使用するのが有効です。ジェネリックとは後発医薬品のことで、特許の切れた先発医薬品の後で販売される薬です。後発医薬品といえども、薬に含まれる成分や効果は同じです。研究、開発費用がかかっていないので、そのぶん販売単価が抑えられているのです。利用する側にとっては安い費用で同じ効果を得ることができるので、非常にメリットが大きいと言えます。
テグレトールは薬としての歴史が長いこともあり、すでにいくつかのジェネリック医薬品が国内外の製薬会社より販売されています。ですからテグレトールのジェネリック医薬品を利用したい場合は、医師にその旨を告げて処方してもらうようにしましょう。最近はネット通販でも簡単に購入できますが、まずは医師に相談してから利用したほうが無難です。